仏教を表現した画像

・死に水
臨終が宣告されたら、立ち会った家族や近親者は、死にゆく人に最後の水を与えます。
これを「末期の水」や「死に水」といいます。

・湯灌(ゆかん)
死後の世界へ、清らかな体で旅立ってほしいという考えから、納棺の前に死者の体を湯水でふくことを湯灌といいます。

・死化粧
湯灌が終わったら、耳、鼻、肛門などに脱脂綿を詰めます。
このあと目と口を閉じ、姿勢を整え、男性なら髭をそり、女性ならば薄化粧をします。
やつれがひどい場合は、口に綿を詰める含み綿をして形を整えます。
このことを死化粧といいます。

・死装束(しにしょうぞく)
湯灌・死化粧のあと、死者にはこの世からあの世に旅立たせるための衣装を着せます。
この衣装のことを死装束といいます。

・枕飾り
死者の枕辺には「枕飾り」とよばれる荘厳を行います。
荘厳とは、知恵や福徳などで身を飾ることをいいます。

・守り刀
北枕に寝かせた遺体の布団の上に守り刀を置く習わしは、全国的にみられます。
これは、魔よけのお守りとして、遺体に悪霊や物の怪がとりつかないようにするためのものです。

・枕経(まくらぎょう
死者を布団に寝かせ、枕飾りをほどこしたあと、僧侶を招き枕元で読経をしてもらいます。
これは枕経とよびます。

・通夜
死者を葬る前、夜を徹して遺体を守ることを通夜といいます。死亡前日は仮通夜といって内輪のものだけで行い、弔問を受ける正式な通夜はもう一度行うのがふつうです。

・通夜ぶるまい
通夜の儀式が終わったら、弔問客をもてなす通夜ぶるまいに移ります。
これは喪家での汚れを清め、悲しみをやわらげるための簡単な食事と酒のことです。

・香典
死者の霊前に捧げ供える金銭や物品のことを香典といいます。

・水引き
進物用の包み紙などに用いる紙の糸を水引きといってます。
細い紙よりに水糊を引いて乾かし固めたもので、多くは五本まとめたものを一本として使い、真ん中で染め分けしています。

・喪主(もしゅ)
遺族を代表して葬儀を取り仕切る人を喪主といいます。
たんに葬式やその前後の供養だけでなく、墓造り、納骨、その後の諸法要、墓参りといった一連のことも行わなければならない責任をもつ立場の人です。

・喪服
本来は死者の近親者が、一定期間、喪に服するために着る衣服を喪服といっていましたが、現在では葬儀に参列するときの正式な礼服のことをいいます。

・戒名
一般に戒名は死者につける名前だと思われているようですが、本来は、生きているうちに受ける仏教徒としての名前であり、総称して仏名といいます。

・授戒(じゅかい)
仏教では、生活の基本として、「戒」を大切にします。
この戒を師の僧から授かり、しっかり守っていきますと誓うことを授戒といいます。
これは生前に授かるのが本来ですが、その機会がなかった故人のために、葬儀のとき、戒を授ける宗派もあります。

・社葬
社葬は、故人が会社創設にかかわったとか、多大の貢献をした、勤務中の事故で死亡した場合などに、会社の責任で行う葬儀です。

・導師(どうし)
葬儀をつかさどる中心の僧侶のことを導師といい、ふつうは菩提寺の住職がつとめます。
多くの場合、伴僧といって、一人か二人の伴の僧が導師を補佐して葬儀を執行します。

・引導
葬儀のとき、導師が死者に引導を渡します。
引導とは、人を導いて仏の道を入れることです。
もともとは僧侶が亡くなった場合に与えられていましたが、江戸時代以後、各宗派で一般の人たちにも与えるようになったのです。

・告別式
葬儀のあと、一般会葬者も参列して故人に最後の別れを告げる儀式を告別式といいます。

・別れ花
告別式が終わり、棺のふたがあけられたら、最後の別れをする人たちは、式場に供えられた生け花を遺体の周囲に埋めていきます。
これを別れ花とよんでいます。

・釘打ち
告別式を終え、別れ花がすむと、棺のふたを閉め、釘打ちに移ります。
喪主から始めて、故人と縁の深い者の順に、遺族、親族、知人が、遺体の頭のほうから、釘を小石で軽く1、2回打ちます。
石を使うのは、霊を鎮めるとか、石には超自然な力が宿るとする民間信仰のなごりであるとかいわれています。

・出棺
釘がしっかり打ち付けられると出棺となります。
棺の向きは、足のほうを先にして、霊柩車まで静かに運びます。

・野辺送り(のべおくり)
出棺のあいさつが終わり、車で火葬場へ向かうのが、現代の野辺送りです。
昔は故人と親しい人たちが棺をかついで悲しみの行列をつくり、火葬場や埋葬すべき墓地まで送りましたが、それが野辺のような場所であったところから、野辺送りといい習わしたのでしょう。