女性用リボンの画像

造影MRI検査

乳がんと診断されると、次に治療方針を決めたり、手術の方法を決めるために、MRIやCTによる画像診断が行われます。

いずれも造影剤を点滴しながら、検査を行います。
MRIは狭いトンネルの中に入るため、圧迫感を感じる人もいるかもしれません。

CTは、X線で人体を輪切りにして造影し、内部の状態を見る検査です。
輪切りと輪切りの間に小さながんがあるような場合には見つけにくいのが難点でしたが、最近ではヘリカルCTが普及し、らせん状に体を撮影していくので、小さながんも発見できるようになりました。
高速で頭の先からつま先まで撮影ができ、画像が精密なのも利点です。
がんの広がりを見ることもできるので、手術の範囲を決める場合にも役立ちます。

MRIは、磁気を利用して、タテ、ヨコ、ナナメ、好きな方向から人体の断面をとらえることができます。
造影剤を利用することで、かなり正確に乳がんの位置や広がりをとらえることができるようになっています。
CTとMRIでは、MRIのほうがより解像度が高いため、乳房内のがんの広がりを診断するためには、通常は造影MRIが選択されます。

骨シンチグラフィ

骨転移の有無を調べる検査です。
アイソトープを血管に注入し、特殊カメラでアイソトープの集積した部位をとらえます。
アイソトープは骨の再生が活発に行われている部位に集まるので、乳がんが骨に転移しているかどうかがわかります。
ただし、骨折や炎症でも骨の再生は活発になるので、アイソトープが集積したからといってがんとは限りません。

腫瘍マーカー

がんに関連する特殊な物質を測定して、がんの有無や量を推定する検査です。
主に血液中の物質が測定されます。

乳がんの場合は、CA15-3、CEA、NCC-ST-439などの腫瘍マーカーがありますが、臓器転移を起こさないと上昇しないことがほとんどなので、早期診断には役立ちません。

PET-CT

PETは、全身のがんをチェックできるのが利点です。
がん細胞は活発に分裂するため、エネルギー源としてブドウ糖を大量に消費します。
そこで、FDGというブドウ糖に似た物質を注射し、その分布からがんをとらえます。
ただし、1センチ程度の大きさがないととらえられないため、乳がんの場合は転移診断や、ほかの病気の除外診断を目的に利用されます。
また、炎症を起こした部位や脳は、ブドウ糖の消費が激しいので、がんとの鑑別がむずかしいといった欠点があります。

乳がんの治療スケジュール

乳がんの治療のために、仕事や家事、育児をどのくらいの期間休まなければならないでしょうか。

乳がんの治療は、入院・手術が基本ですが、その後も通院治療が必要となります。
ケースによっては、手術の前に抗がん剤による治療を行うこともあります。
いずれにしても、手術検体の病理検査の結果をベースに治療法を確定させるため、この結果が判明するまで治療法のタイムテーブルを決めることができません、
病理結果は、通常手術後1~2週間後にわかります。

そのあと、放射線治療やホルモン療法、抗がん剤治療などが必要になるのが一般的ですが、こうした治療もほとんど通院で行われます。
抗がん剤の副作用には個人差があり、投与後倦怠感や悪心で数日寝込んでしまう人もいれば、あまり副作用の出ない人もいます。

仕事は、事務的な仕事ならば、多くの人は退院後すぐにでも復帰することが可能です。
ただ、長距離の通勤があるなら避けたほうがいいかもしれません。
こうしたことを考えると、入院も含めて1ヶ月ぐらいの休暇をとり、通院治療の必要性や、治療計画の変更の可能性などについても、あらかじめ勤め先に話しておくことが理想的です。

家事もほとんどの人は退院後すぐに可能ですが、最初から以前どおりに動かないで、はじめは家族や姉妹など気の置けない人に手を貸してもらい、慣らしていくようにすれば楽でしょう。