短期売買は避ける

これは株式投資と同じですが短期投資はギャンブル、つまり運勝負なので、手数料がある限り必ず負けます。
プロにはチャート判断などがあるんでしょうが、素人にはギャンブル以外のなにものでもありません。

なるべく売買回数を減らす中長期の売買を心掛けましょう


経済指標を参考にするのは避ける

経済指標である国の悪い指標が出たから通貨が下がる、いい指標が出たから通貨が上がる、という判断基準でのFX売買は間違ってはいません。

しかし、初心者がそれだけで売買するのは問題もあります。

それは、経済指標で出た目と逆に通貨の変動が起こる事は非常に多いからです。

まず、FXは経済指標の他に売買差益で儲けようとする投機家の売買の影響を大きく受けるので経済の動きだけで通貨が決まるわけではありません。

それに経済指標というのは結果発表にすぎず、その情報はずっと前からわかっている事なので、経済指標で大きく値が動くとは限りません。
それでも動く事が多いのは、経済指標を見て売買する初心者をプロが狩ろうとするからで、やはり初心者の考えで売買すると負けてしまいます。


長期投資

前述までの事から、初心者がFXで儲けるには、長期投資とスワップ利益を狙うしかないと思います。

経済の動きは経済指標で発表される前にプロはほとんどわかっているので、情報戦術で勝つ自信のない人は考えて売買しないほうがいいです。

長期投資では買った通過の値動きは極力見ないようにします。
FXの通貨は頻繁に価格が変わり、プラスになったりマイナスになったりするので、いちいち見ているとクセになっていつも見ていないと気がすまなくなります。
これではマイナスが大きくなった時に不安になって売ってしまったり、ちょっとのプラスで売って、売った値より高い値で買い戻してしまったりといい事がありません。
ちなみにFXは手数料0円のところが多いですが、実際には買値と売値には差があり、実際には手数料をとられているのと同じなので、売買回数を極端に増やすのもよくありません。

基本買った通貨は1ヶ月や何週間など、長めに決めた日数で確認し、見た時にプラスになっていたら売る、ぐらいでいいと思います。
値動きも経済も見ずに長期保有するのは、倒産して紙くずになる可能性のある株式なら恐いですが、通過は国が滅びない限りなくならないので、まずゼロにはならないので安心です。

また、売り買いするタイミングは1ヶ月など期間で決めてもいいですが、~円プラスになったら、などで決めてもいいと思います。
ようはルールを決めてそれに従って売買するのが大事で、頭で考えないようにすればいいのです。

そうすればプロの投資家に翻弄される心配がありません。


ただ、~円プラスになったら、という場合、指値で売り買いを決めるのは個人的にやめておいたほうがいいと思います。

何年かに一度起きる大恐慌か好景気の影響で大きく値が上がったり下がったりした時、指値を入れているとめちゃくちゃ下がってるのに高めで勝手に買ってしまっていたり、すごく上がってるのに安めで売ってしまって買い時がわからなくなる、などのデメリットがあるのと、超スピードで上げ下げした場合、指値通りに売買できていない事もあります。

また、間違った指値をいれた事に気づかない事があるのも恐いです。
プロの投資家は常に見ているのでいいですが、前述したように初心者はなるべく投資画面を見ないほうがいいので、たまに見た時に気づいて青ざめる可能性もゼロではありません。
成り行き注文で売買するなら、間違えて売買してしまった場合、すぐに売り買いすれば手数料の損だけですむのでリスクが少なくなります。


スワップ利益を狙う

最後は「スワップ利益」を狙える通貨にする、という事です。
スワップ利益とは、購入した通貨と取引する通貨(日本人なら円)の金利差を保有している間受け取れるというものです。
スワップ利益は銀行金利と違って毎日もらえるので、売買のタイミングに影響を与えません。

このスワップ利益を利用し、金利の高い通貨であるオーストラリアドルやニュージーランドドルを購入し、長期保有するようにすれば、プラスマイナスを確認した時にマイナスでもそのまま持ち続けていればスワップ利益でプラスになりつづけるし、大きくプラスになっていれば売ればいいので投資金を無駄に眠らせる事になりません。

これらのルールを守れば初心者でもFXで儲ける事ができるでしょう。