現在最もバレない二重美容整形と言われているのが埋没法です。

なぜなら埋没法が誕生する以前のメスで瞼に切れ目を入れて二重にする方法と違い、埋没法埋没法は瞼の裏側から糸を入れて瞼の内部で二重の段が出来るようにするため、目を閉じた時にメスによる不自然な二重の線が残らず自然だからです。

この埋没法がどこまでバレないか、というのは難しいところですが、まず、もともと一重な人が二重にする場合、奥二重にした方が変化が少なくバレにくいので手術前に医師に相談してみた方がいいでしょう。

元々二重の人はさらにバレにくく、少し二重の幅を広げたり形を変えたり、一度に大きな整形をしなければバレることはないと思います。

さらに女性ならお化粧もあるためよけいバレないでしょう。
男性は化粧がないため、少しの変化でもバレる可能性はありますが、髪型を同時に変えたりなど目元の不自然さをカバーする方法もあります。

いずれにせよバレない二重整形の基本は「やりすぎない」ことです。

また、埋没法はメスで瞼を切ったり筋肉を短くして力を強くしたりという事をせず糸で瞼を釣るため、糸がゆるんできたり切れたりして数年単位で効果が弱くなっていく傾向にあります。

そのデメリットがある分、整形費用が安めで修正が容易という事もあるため、なおさら最初にやりすぎない事をおすすめします。

また、やりすぎなければメスを使った二重整形でもバレないんじゃないか?と思われる人もいるかもしれませんが、メスを使った場合、相当うまくやらないとバレます。

まず、メスを使うと切り込みを入れた部分を術後に1~2週間ほど縫い付ける必要があるため、糸が見えるのでバレます。

さらに糸をとってからも数ヶ月はかなりハレるし傷口も目立つので隠し続けるのは無理でしょう。

サングラスや濃いメガネを常用する人、または濃い化粧でごまかせる女性ならバレないかもしれません。

また、バレる、バレないを抜きにしても埋没法には完全に元に戻せる、という大きなメリットがあります。
メスを使った二重整形では、二重の幅を多少変更することはできても、一重だった目を二重にして、また一重に戻す、という事はできません。

一度つけた瞼の傷は一生残るからです。
埋没法は糸を切れば元に戻ります。

ただ、埋没法はメスを使わないから痛くなさそう、と思う人もいるかもしれませんが、これだけはそうとはいい切れません。
なぜなら、埋没法で瞼をつりあげる糸は瞼の裏側から針を通していわゆる傷口を縫うように何回も糸を通すからです。

瞼はよく動くところですから、当然きれたりほつれないように何回もしっかり糸を通さないといけません。

もちろん麻酔はしますが、そもそも瞼に麻酔をうつこと自体が恐く、痛いですし、人によって麻酔の効き方は違いますから、多少なりと痛みを感じる人や結構痛いという人もいます。
ただ、最近では瞼の裏から針で糸を通すのではなく、瞼の表側に極細の糸を結んで二重の線をつくる二重整形もあるようです。

これだと埋没法よりさらに手術の痛みがなく、修正も容易です。
糸が瞼にあるわけですからバレやすいかも、とも思うのですが、今は糸が目に見えないほど極細の糸で二重をつくる事ができるそうです。

これらの事と手術費用などを踏まえ、自分にあった二重整形方法を選ぶために、しっかり医師と話し合いをして最終決断をするのがいいでしょう。

今は二重整形後の目のイメージをCGで確認できるところもあるようで、そういったクリニックを選ぶのもいい選択かもしれませんね。