幼児の画像

カエルのものまねごっこ

・カエルを見たことがある?どんなカエル?などと質問し、カエルに興味をひきます。

・子供の答えを聞きながら、アマガエル、トノサマガエルなどいろんなカエルがいるね、という風に話しかけます。

・カエルはどんな風に鳴くかな?と聞いて、「ケロケロ」「クワックワッ」など鳴く真似をしてもらいます。

・では、鳴りたいカエルになって、そのかっこうを真似してみてねといい、「カエルの歌」を歌い、それに合わせて動きながら鳴いてもらいます。

・できたら、みんなと一緒に歌って、思い思いのカエルになりきりましょう。

フラミンゴの片足立ちごっこ

・フラミンゴという鳥を知ってる?と問いかけ、「フラミンゴは水の中に立ってるとき、片足で立ってるけど、それはなぜだと思う?」と質問します。

・しばらくの間、子供からの答えを聞いてから、「それはね、体の体温が下がらないようにしているのですよ」と知的好奇心を満足させます。

・次に「それでは、フラミンゴの真似をして、片足でどれだけ長く立てるかを試してみるよ。両手は羽を休めているように曲げていてね」といって片足立ちの用意をさせます。

・ふらふらして、足の位置を変えたらダメだよ、動いちゃったら座って待ってね」と、ルールを説明します。

・スタート!といって開始し、長くても2分間程度の時間にします。

・最後まで、またはいちばん長く立っていた子供に拍手を送ります。
次は足を反対にしてもう一度やりましょう。

カニさんリレーごっこ

・今日はカニさんになって、両手を上げてはさみのかっこうをしながら横に歩いて、このコーンを回ってきたらお友達にタッチして、リレーをしよう、と簡単に説明をします。
(あらかじめチーム数のコーンを用意しておきます)

・さあ、カニさんのかっこうを練習しよう、できたら、横にゆっくり歩いてみようね。

・次に、チームをわけて、競争の準備を整えさせます。

・転ばないように気をつけてね、といいながら、ヨーイドン、でスタートです。

・速さよりもカニの表現を重視して競争を続けます。

・適度に速くて、もっとも上手にカニを表現したチームを表彰します。

カルガモ親子の行進ごっこ

・カルガモを知っていますか?よく一列になって歩いていますね、などの話題でカルガモに興味をひきます。

・今日は、みんなカルガモになって一列に歩きましょう、といい、数チームを作ります。

・あらかじめ集まる場所を決め、合図とともにできるだけ早く縦一列に並びます。

・もっとも早く集まれたチームを表彰して、各チームが同時に行儀よく並び一列行進をし、元の場所に戻ってきます。

・時間をみて、そのつど集まる場所を決めながら数回繰り返します。

顔真似ごっこ

・3枚の紙にそれぞれ怒った顔、笑った顔、泣いた顔を書き、子供にはどれか一枚を見せ、その絵の顔真似をしてもらいます。

・用意ができたら、初めはみんな一緒にやってもらいます。

・しばらくして慣れてきたら、笑う組、起こる組、泣く組の3組にわかれます。

・笑った絵、怒った絵、泣いた絵の順に見せるから、自分の組の絵が出たら、一生懸命その真似をしてね、と始めます。

・様子をみながら、それぞれの組の役を変えながら続けます。

・一回りしたら、どの組が一番よくできたかを決め、他の組みも評価しながらほめてあげましょう。