POPの画像

店頭POPの種類

お店で使うPOPは、大きく3つの種類に分類できます。

・プライスカード
商品の1つひとつにプライスカードがなければ、お客様は店員に価格を聞くまで購入を検討することさえできません。
よって、店内にあるすべての商品にプライスカードを設置する必要があるのです。

このPOPには、商品特性を端的に説明する役割もあります。
商品を持つ業種であれば絶対に欠かすことのできないPOPとえいます。

・売れるPOP
お客様はモノを買うのではなく、モノを通じて得られる効果・作用・満足感などの価値を買う時代になってきました。
そのため店舗でのPOPの最も重要な役割は、商品の価値や作用、満足感などを訴求することなのです。

そこで必要なのが、商品特性を詳しく説明しお客様の欲望をかきたてる「売れるPOP]です。
プライスカードとの大きな違いは、そのPOPを読むだけで商品が売れるか否か、という点でしょう。

商品を効果的に売るためには、ある特定の商品に絞り、他の商品と対比させるほど売上げアップに貢献できるため、POPの大きさや枚数などに変化をつけることが必要となるのです。

・ブランド価値をアップさせるPOP
POPとは、価格や商品の説明を詳しく書いたものだけではありません。
店舗のイメージアップの役割を果たすものもあるのです。

会社や店舗の理念・大切にしていることなどを書いてPOPにすることで、ブランド価値をアップさせることができます。
このPOPは商品を売るためのものではないため、特定の商品に限定することなくイメージだけを伝えることがポイントとなります。

看板POP

一般にPOPというと、商品の魅力を説明し購買意欲を高めるための、チラシ程度の大きさの紙と思う人が多いでしょうが、大きな範囲でとらえれば、看板もPOPの一種といえます。

看板とは、そのお店が何屋さんなのかをお客様に伝えるためのものですから、遠くから認識できるように大きいものを設置する必要があります。
また、屋外に設置するものは雨風にさらされることを考え、耐久性の高い素材でつくることも必要ですから、看板は1枚でも高額な費用が発生しがちです。
ですから、専門の業者に依頼しないと設置できないような看板以外は、手作りするのもひとつの手です。

主力商品POP

売り場づくりとPOPを改善するだけで、主力商品の販売個数は飛躍的に伸びます。
ポイントは下記。

・入り口からすぐの場所で、お客様に主力商品の第一印象づけを行う。

・主力商品はPOPも一番に(大きさ、枚数、取り付け位置)

・POP以外の販促物や接客などでも、主力商品のアポールを同時に積極的に行う

中型POP

準主力商品には、主力商品POPよりは小さく、他商品よりも目立つサイズのPOPを設置するとよいでしょう。
つまり主力商品POPをA3サイズいした場合は、その半分のA4~B5サイズ程度がよいでしょう。
そして、他の下位商品はプライスカードのみの設置にすれば、主力商品と準主力商品が店内で目立つようになるのです。

プライスカード

プライスカードの役割は、お客様が商品を買うときに、その商品の特性や特長、価格などをわかりやすく示すことです。
しかし、プライスカードをPOPの一部と認識していないためか、商品名と価格しか書いていないお店が多数あるように思います。
一般的に知られている商品や購買頻度の高い商品のプライスカードはこれでも十分です。しかし、1つひとつの商品に、丁寧に特徴などが書かれたプライスカードが設置されていれば、親切なお店、熱心なお店という印象を与えるのです。
小さなPOPですが、お店の姿勢まで表せるものでもあるのです。