違法を表現した画像

自分の作っているホームページにインターネット上で見つけた写真を掲載したり、音楽素材を流したりしないのですが、そのまま無断で使うと著作権違反になるのでしょうか?
写真の場合、自分で色を変えたり、何か書き加えるなど手を加えていれば、自分の作品として利用できますか?


他人の作成した写真や他人の作成した音楽には、それぞれ著作権がありますので、原則として許諾を得ないまま使用することはできません。

写真は、立体的な対象を、写真という平面に撮影する際、構図をどうするか、光をどの方向から、どのくらい入れるか、などの創作的な行為があってできあがるものですので、著作物にあたります。
また、音楽についても、それを作曲した作曲者についても、それを作曲した作曲者には著作権が、演奏した実演家には著作隣接権が生じており、それをデータ化したものにも、普通はこれらの権利が及びます。

よって、これらについては、原則としては著作権者などの許諾がない限り、勝手に自分のホームページにおいて使用することはできません。
使用してしまった場合には著作権者などから差し止めや損害賠償を請求される可能性があります。

また、ホームページがプライベートなものだからといって、著作権違反をしてもいいということにはなりません。
著作権法は、個人的または家庭内で使用する目的の場合には、著作物をコピーすることを許しています。
しかしながら、ホームページへ公開してしまえば自分や家族以外の人も写真を見たり音楽を聴いたりできるのですから、「個人的または家庭内で使用する」ものとはいえません。
こうした、ホームページに掲載することのように、公衆によって直接受信されることを目的として無線通信または有線電気通信の送信を行うことを公衆送信といい、複製、翻案とは違う著作権の使い方とされています。
そして、複製、翻案については個人的、家庭内使用の例外がありますが、公衆送信の場合にはそうした例外がありません。

しかし、インターネット上にある写真の中には、著作権フリーとされているものもありますし、音楽の中にはすでに著作権の保護期間が経過しているものもあるので、こうしたものであれば、著作権侵害にならない可能性もあります。


ただし、インターネット上で無料素材を集めているサイトなどの中には、その人自身が撮影したものではない写真を公開しているサイトもあるでしょうし、そうした場合に著作権処理がしっかり行われているかはわかりません。
また、音楽の著作権についても、CDやレコードの音楽をデータにした場合には、作曲家以外に実演家の権利も問題になりますが、そうしたチェックがきちんと行われているかは、わからないところを残します。

また、写真に自分で色を変えたり、何か書き加えたりして自分の作品のようにして公開する人もいますが、著作権者は、その著作物を複製する権利だけではなく、翻案する権利を持っています。
この翻案というのは、「既存の著作物に依拠し、かつ、その表現上の本質的な特徴の同一性を維持しつつ、具体的表現に修正、増減、変更を加えて、その他思想または感情を創作的に表現することにより、これに接する者が既存の著作物の表現上の本質的な特徴を直接感得することのできる別の著作物を創作する行為」であるとされています。

そうすると、著作権者の許可なく写真に手を加えて使用することはこの翻案権侵害となる場合が多いでしょう。
さらに、著作者は、自らの著作物について、その意に反して改変されない権利である同一性保持権を有するため、この権利も侵害してしまうことになります。